milk room インナー・ソックス・ルームウェア等を取り扱うミルクルームのサイトです。女性下着、セクシー下着、インナーアイテム、ルームウェア等の通販サイト案内・セール開催中!
111
Support
 
ブラジャー・ショーツの選び方

● ブラジャーサイズの算出方法
(トップバストサイズ)−(アンダーバストサイズ)=カップサイズ ※表A

● アンダーサイズ

アンダーサイズは、許容範囲内
※表Bのサイズを選び、着用感の好みを重視してください。

表A カップサイズ(許容範囲) 表B アンダーサイズ(許容範囲)
トップサイズ カップサイズ
7p内外 AAカップ
10p内外 Aカップ
13p内外 Bカップ
15p内外 Cカップ
18p内外 Dカップ
20p内外 Eカップ
23p内外 Fカップ
25p内外 Gカップ
28p内外 Hカップ
30p内外 Iカップ
実寸(許容範囲) サイズ
62.5〜67.5 65
67.5〜72.5 70
72.5〜77.5 75
77.5〜82.5 80


1.トップバスト 胸の膨らみが一番高い周囲の長さ

2.アンダーバスト 胸のふくらみのすぐ下の周囲の長さ

3.ウエスト 胴周りの一番細いところの周囲の長さ

4.ヒップ お尻のふくらみの一番高いところの周囲

※メジャーは水平に測って下さい。

● ブラジャーのサイズ
アンダーバストとカップサイズ(トップとアンダーバストの差)を基準に選びます。
   トップとアンダーの差→
アンダー↓ 10p 12.5p 15p 17.5p 20p 22.5p 25p 30p
65
62.5〜67.5p
A65 B65 C65 D65 E65 F65 G65 H65
70
67.5〜72.5p
A70 B70 C70 D70 E70 F70 G70 H70
75
72.5〜77.5p
A75 B75 C75 D75 E75 F75 G75 H75
80
77.5〜82.5p
A80 B80 C80 D80 E80 F80 G80 H80

● ショーツのサイズ
ヒップサイズで選びます。
ヒップ 87〜95p 92〜100p
サイズ
 
ブラジャーの正しい着け方

美しいボディラインは正しく下着を身につけることで作られます。

正しいサイズがわかったら、体にぴったり合っているか試着してみましょう。
フィッテング次第で、シルエットや着け心地は大きくかわります。
ブラジャーの正しい着け方をもう一度確認しましょう。
[1] ストラップに腕を通し、カップ中央の下部分を両手で持ちます。
[2] 前かがみになり、バストをカップの中にきちんと納めホックをかけます。
[3] バストをサイドからしっかりと寄せて、カップの中に納め、ストラップの長さや位置を調整します。
[4] 正しいサイズであるかチェック項目で確認してみます。
体や腕を動かして、違和感や崩れが無いかを確かめます。

正しいサイズのチェック項目
[1] アンダーバストは安定していますか?
[2] カップがくい込んだりあまったりしていませんか?
[3] 脇のくい込みや浮きはありませんか?
[4] 前中心が浮いていませんか?
[5] 肩ひもがくい込んでいませんか?
[6] ホックが肩甲骨の下にきていますか?


インナーのお手入れの仕方

いつも心地よく身につけていただくために、
正しいお手入れをすれば、お気に入りのインナーを長持ちさせる事ができますよ。


● 手洗い方法
※ワイヤー入りのブラジャーは基本手洗いです。
洗濯機で洗うとワイヤーが曲がったり、生地を傷つける原因となります。
[1] 少し大きめの容器に30℃前後のぬるま湯をはり、 中性洗剤を良くかき混ぜます。
[2] 容器に下着を入れていただき、優しく振り洗い・押し洗い・つかみ洗いなどをして下さい。
[3] 十分にすすいで、タオルなどでしっかり水分を拭き取って下さい。

● 洗濯機で洗う場合
洗う前に・・・
まず最初に下着の表示や種類によって分けます。
洗濯機で洗えるものと手洗いのもの、色の濃いものと薄いものは別々に洗いましす。
汚れの多いところは前もって手洗いを。ブラジャーのホックはとめておきます。

素材別に分け色の薄いものから洗います。
洗剤は、弱アルカリ・中性洗剤などを使い適量をよく溶かして、直接振り掛けないようにします。
金具のあるものや、シームレスカップのものは、やさしく手洗いしましょう。
洗濯ネットに入れ、弱水流で洗濯から脱水まで5?6分が目安です。
すすぎはしっかりと。洗剤が残っていると、生地の傷みの原因になります。
水温は、40℃以下。脱水は30秒ほどで充分です。
ソフト洗いや、ランジェリーコースを使い、長く洗いすぎないよう注意します。

● 干し方
シワを伸ばし、形を整えます。※特に、ブラジャーのカップは丁寧に。
直射日光を避け、風通しのよい日陰に干します。
※タンブラー乾燥機の使用は絶対に避けて下さい。

● たたみ方・しまい方
丁寧にたたみ、カップの形をつぶさないように収納します。
詰め過ぎは、カップのワイヤーなどが変形する恐れが有りますので、余裕をもって収納します。